SEO(検索エンジン対策)について基本をご紹介します

ネットショップ開業に:レンタルサーバー(レンタルサーバ)等のパック
レンタルカート、オンライン決済、レンタルサーバ
機能一覧導入事例料金表お申込み手続きの流れ | お問合せ利用規約FAQ会社概要障害情報
  > HOME  > ショッピングカート  > レンタルサーバ  > オンライン決済  > 集客・宣伝

 ネットショップ開業のツボ


第5回 SEO(検索エンジン対策)について
もはやネットショップにとってSEO(検索エンジン対策)は必須事項!
でもSEOって具体的に何をやれば?SEOってお金がかかるの?とおっしゃる方のために無料でできるSEOの基本についてお話させていただきます!

ネットショップを運営されてらっしゃる(もしくは、これから開業しようとしている)方でしたらネットショップへアクセスする消費者がどのような経路でたどり着いているか考えたことがあると思います。読者の方は予想がつきますか?


そうです、ほとんどの場合、検索エンジンからのアクセスではないでしょうか。当然ですが、検索エンジンからのアクセスということは、消費者が何らかのキーワードで検索を実行して、その検索結果をクリックしているということになります。このときより上位に表示されたほうがクリックされやすいつまりはアクセス数が増えることになりますね。


ただ自店舗にまったく関係ないキーワードに興味をもった消費者のアクセスが増えても肝心の売り上げには貢献しずらいかと思います。(自転車屋さんなのに「魚」というキーワードで上位表示されても効果は期待できないですよね)やはり「自転車」や「自転車の商品名」で上位表示されたいものです。


噛み砕いて、誤解を恐れずに言うならばこのように「検索されたいキーワードで、検索結果上位を実現するための対策」SEO(検索エンジン最適化)といいます。「検索エンジン最適化」という言葉が示すとおり、「検索エンジンフレンドリーなサイト」にするためにはどうしたら良いのか?基本的なところをお話しましょう。



検索エンジンの基本的な仕組み

検索エンジンといえばGoogle、Yahoo、MSNなどが有名ですが基本的な仕組みは各社共通しているといえます。
ロボット(クローラー、スパイダー)と呼ばれるプログラムによって、インターネット上のサイトの情報を収集して各検索エンジンのデータベースに情報が蓄えられます。この情報の中から検索キーワードに対して最適だと思われるサイトを検索結果として返すわけですが、どのような結果を返すかは各社独自のポリシーによって異なります。

(「Googleでは上位に表示されるんだけど、Yahooだと数十番目に表示される」なんてことも珍しくないですよね)


まずキーワードを決めよう

何はともあれ、そもそもどんなキーワードで検索している人にアクセスされたいか
を決める必要があります。キーワードは、ページごとに想定するのが理想といわれています。


「自転車」のような大きなキーワードは、ライバルも多いのでなかなか上位表示は難しいと思われますが、検索する側も「自転車 メーカー名」など複数のキーワードを組み合わせる傾向もありますので、1ページあたりのキーワードは、2つないしは3つ程度が適当かもしれません。
(よくショップ名で検索されたときに1位になりたい、というご意見を耳にしますがショップ名は、固有名詞でのでライバルも少ないですからある程度のSEOで上位表示されるケースがほとんどです。思い切ってショップ名よりもキーワードを重視しましょう)


SEOを実践!
SEOには、大きく「内部要因」と「外部要因」があると言われています。
ここでは「内部要因」をメインにお話をすすめさせていただきます。


SEOの内部要因」-------------------------------------------------
ページの作成の仕方等がこれにあたります。
平たく申し上げるとロボットがサイト情報を収集したときに、
「このページは、「○○○」(キーワード)について
記載されているページなんだな」と認識してもらうためです。
以下に挙げることは言われてみれば当然のことなのですが、意外とおろそかにされているケースも
多いようですので、この機会にぜひ見直してみてはいかがでしょうか。




SEOを考慮したページ作成方法


1.ページタイトルを付けよう!
Webサイトにアクセスした時にブラウザのウィンドウ左上に表示されている文字が
「ページタイトル」です。もし、ページのアドレス(URL)のみが表示されていたら
それは「ページタイトル」が未入力ということになります。
検索結果のタイトルにもなりますので非常に重要です、必ず記述しておきましょう。
ホームページのソースでいいますと
<title>ここにページのタイトルが入ります</title>
の箇所となります。
例としては「自転車の○○輪店」「メーカー名|○○自転車」というような感じでしょうか。


2.metaタグを書こう
 2-1 ページ説明文を書こう
ブラウザ上つまりは、人間がWebページを閲覧したときには、目には見えませんが
検索エンジンのロボットはちゃんと見てますので、適度にキーワードをちりばめて
記述しておくことをおすすめいたします。
ホームページのソースでいいますと以下の箇所が該当します。

<meta name="description" content="ここに説明文がはいります">

 2-2 ページのキーワードを書こう
「説明文」と同様にロボットにページのキーワードを知らせるタグとなります。
ホームページのソースでいいますと以下の箇所が該当します。
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2">


3.見出しタグを使おう
<H1>見出し</H1>などの見出し用のタグは、検索エンジンもちゃんと見てます。
キーワードがここに入るようにすると効果的です。


4.本文にキーワードをちりばめよう
本文にキーワードを記述するのはもちろん重要ですが、ただ書いておくというよりも
以下のことを意識してみてください。
・キーワードは、ページ(ソース)の上の方に記述する。
・キーワードをテキストで記述するときには、<strong>キーワード</strong>として強調する
・本文の中でのキーワードの出現頻度も重要です
(ただしキーワードばかりを羅列するようなやり方は、スパム行為ととられかねませんので要注意です。)


5.画像には代替テキストをつけよう
視覚効果を上げるために、キャッチコピーを画像で貼り付けたり商品写真を貼り付けたりすることが多いと思いますが、これは人間へのアピール度は高いかもしれませんがロボットには画像の内容は分かりませんので見落とされがちです。
代替テキスト(画像にマウスポインタを当てたり、何らかの原因で画像エラーのときに表示されるアレです)は必ず記述しましょう。

<IMG src="○○○.gif" alt="代替テキスト">




SEOの外部要因」-------------------------------------------------
外部サイトからのリンク(被リンク)などがこれにあたります。
多数の外部サイトからリンクが張られているという事は、それだけ重要なサイトだと検索エンジンが判断してもおかしくはないですよね。
ただし最近ではリンクの質も重要視される傾向にあるようです。闇雲に被リンクを稼ぐのは、スパム行為と見なされるリスクもありますので、ご注意ください。




効果の大小や検索結果に反映されるタイミングについては各サイトの現状やターゲットとする検索エンジンによっても違いますが、「やっておいて損はない」ので、ぜひチャレンジしてみてください。
ロボットに見やすいページは、人にも見やすいという効果もありますよ!



●目次:第1回 独自ドメインとは
     第2回 レンタルサーバとは
     第3回 ショッピングカート 買い物カゴ編
     第4回 ショッピングカート 管理画面編
     第5回 SEO(検索エンジン対策)について



▲ページTOPへ


Copyright(C) 2008 K・K HANDS All Rights Reserved.