ネットショップ開業のツボ ―第2回 レンタルサーバとは

独自ドメインを取得して「さぁ!ネットショップ開業!!」と思っていらっしゃるショップ様、 大事なあれを忘れていませんか? そう、レンタルサーバです。 今回はそのレンタルサーバをお題にしたいと思います。

レンタルサーバって何?
第1回でも、ほんのちょっぴり触れておりますが、ネットショップを始める上で、独自ドメインを取得する事以外にもう一つ必要な「レンタルサーバ」の事についてお話したいと思います。「サーバ」という言葉になじみのない方もいらしゃるかと思いますが、取得した独自ドメインでメールアドレスを作ったり、ホームページを公開するには、「サーバ」が必要になります。
リアル店舗でいうところのテナント
簡単に説明すると、独自ドメインを取得しただけでは、お店の 「看板」を作っただけで、商売をする為の「土地・建物」が無い状態です。「サーバ」はその「土地・建物」の役割を果たします。
ただ、実店舗を持つのと同様に、サーバを個人的に持つとなると、手間と費用がものすごく掛かります。そこで読んで字のごとく「レンタルサーバ(貸サーバ)」を使えば、手間もかからず、費用も小額でサーバを利用する事が可能になるわけです。強いて言えば「レンタルサーバ」とは「テナント」の様なもので建物(サーバ)の中の、決められたスペース内でお店を開くような感じです。
ホームページ公開までの流れ
ここまで分かればホームページ公開までの流れはいたって簡単、
  • 1.「ドメイン名」を決める、「サーバ」を借りる
  • 2.ホームページを作る
  • 3.作ったホームページを「サーバ」へアップロード(転送)する
まず、(1は)看板を作り、テナントを借りますね。次に、(2は)テナント内に置くディスプレイの準備をします。最後に(3は)「2」で用意したものをテナント内へ運び込むという訳です。ホームページは、サーバへデータ転送するだけで、インターネット上で見れるようになります。
レンタルサーバの選択
現在、多くのレンタルサーバを提供している会社が存在し、一言に「レンタルサーバ」といっても内容も料金も様々でレンタルサーバ探しにお悩みのショップ様も多いと思いますが、基本的な1~3の流れはどこも大きく変わりません。検討すべき所は、自分がやりたい事ができるかになります。Web容量であったり、作れるメールアドレスの数、CGIが使えるか、ウイルスメールチェックのサービスはあるかなど、各レンタルサーバ会社が提供するサーバ機能を判断された上で、費用面を検討される事をおすすめします。「どこのレンタルサーバも同じだよ」っというノリで安いサービスを申しこむと、後で「えー、出来ないの!?」なんて事になりますから(^^;
容量の目安のお話
なお、Webのディスク容量の目安としましては、私の経験上ですが、ゆとりをもって見積もっても、1ページに1商品として、写真(Web用に最適化した写真)も数枚程度用意した場合、1ページあたり約200KB位で収まるかと思います。(あくまで目安です)1商品200KBと言う事は、例えば100商品=20MB、1000商品=200MBの容量が必要となる事になりますが、想定される商品数が分かっていればある程度の目安になるのではないかと思います。
独自ドメイン費用について
ちなみに、一般的にはドメインの取得費用や、その後の更新費用にお金がかかりますが、第1回 独自ドメイン編でもお話したとおり、弊社ではその費用をショップ様に代わって負担しております。 純粋にレンタルサーバのみの機能と料金で比較検討いただけますのでご安心下さい
ネットショップ開業のツボ 目次:

レンタルサーバ